経営ビジョン

代表挨拶

「なぜ今、交渉力なのか。」

情報社会は、発信・受信ともに選択肢を増やし、人々の価値観を分散させる要因を作り出しています。
そして価値観分散が、人と人がわかりあうことを至難にしています。

お互い拠り所とすべき共通の価値観の領域が狭くなり、今や画一的な価値観や一般的な良識を持ち出しても、相手から共感を得ることは簡単ではありません。
今、初対面のお相手とわかり合うためには、個別に合意を形成するしか方法がありません。

現代では世界の人と連携する手段を持っています。馬が合う人を選んでいればいいのです。
つまり合わない人と無理に一緒にいる必要がありません。その分、現代人の合わない人と合意する技術は鍛えられていないのです。

今後、日本社会は『生産性が高い』ということを企業にも、人材にもますます強く求めていかざるを得ません。それなのに人と分かり合う技術は、努力しなければ鍛えられず、更に指導できる存在が見当たらないのです。

利害や心理が衝突することが日常となっているビジネスシーンにおいて、伝えたいことを伝えることは容易ではありません。仮に、あなたが目の前のお相手と合意を形成することに、ことごとく失敗するとしたら、果たしてハイパフォーマーでいられるでしょうか。


私たちは利害関係者の『共感融合』コンセプトに企業様に寄り添い、一緒にビジネス展開をさせていただく1つのチームとして経営に上昇のスパイラルを描き、社会的一助となるように取り組んで参る決意です。

益々のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 鷹尾 豪

経営ビジョン

立志照隅

自己実現輩出Company


Mission 『共感融合』

交渉術によって人々の感情を融和させ、結びつきを強め日本経済をより(明るく)円滑なものにする。


Style 『威風堂々』

一.媚びない
~あなた、自分の軸を持ってますか?~

一.手を抜かない
~成果に向けて、やり遂げる!

一.過保護にしない
~現実と向き合わせる勇気

一.他のせいにしない
~主体的に行動し、成長の糧とする

一.偽らない
~偽りない自分を救い出せ~

ロゴ由来

社名由来

  • Give
    貢献
  • Spial
    螺旋
  • Japan
    日本

日本に上昇のらせんを描く会社

ページの先頭へ